HIDキット購入前のご注意 必ずご精読ください。
疑問点 回答
保証は? 商品到着後2ヶ月以内の初期不良は交換・返金保証いたします。
配線加工・取り付け加工後は初期不良対応は致しかねます。
取り付け前に必ず点灯チェックを行ってください。

保証はいかなる場合でも、お支払いいただいた商品の金額の範囲になります。
交換工賃・交換手数料・故障による迷惑料などは一切対応できませんので、ご注意下さい。

左右のバーナーの色違いに関しては不具合についてを御確認下さい。
2ヶ月は短い・・・ 出来る限り安価にHIDを提供するため、延長保証のコストをカットしております。
ご不安な方は、1年の延長保証がありますので、そちらをご検討ください。

延長保証無しで万一、2ヶ月以降に故障した場合、
特価で補修パーツをお出し致します。
ご満足いただくことを何より重視しておりますので、保証期間に関わらずご相談ください。
「しまりす堂」でHIDを買って良かった、と思っていただける対応をお約束いたします。
自分で取り付けはできる? DIYに自信がある方でしたら自分でも取り付け可能だと思います。
システム画像が配線計画の参考になるかと思います。

不安が少しでもありましたら取り付け業者様等、プロに御依頼ください。
HIDは高電圧を発生します。それなりの技術・知識が必要です。

35W H4(Hi/Lo)はリレーレスですので、カプラに繋ぐだけで点灯可能です。
55W H4(Hi/Lo)に関しては、バッテリーリレーから電源をとりますが、
比較的簡単に装着が可能です。エッセへの取り付け例を御確認ください。
プロに依頼した場合の
取り付け費用は?
業者様・取り付け位置にもよりますが、相場は1万前後かと思います。
ちなみに「しまりす堂」はこちらに取り付けていただきました。
故障が心配です。 中国生産工場&「しまりす堂」出荷時のダブルチェックを行っております。
ただ、どんな機械も完璧はありません。
完璧を期待される方はノーマルのまま乗られるのが一番かと。
安いので品質が心配・・ 数万円するHIDキットに比べますと、品質が負ける部分はあるはずです。
しかし、一番のセールスポイントは「低品質だからこの価格」ではなく
宣伝/在庫/保証対応等の「コストを削ってこの価格」だ、という点です。
雑誌で宣伝している商品との、本当の価格差に気づいていただければ・・・。
トータルコストパフォーマンスでは必ずご満足いただけるはずです。
バーナーはUVカット? 弊社バーナーは紫外線カット仕様になっております。
レンズの変色等は弊社デモカー(CL7 EuroR)での耐久テストでも全く見られません。
基本的品質に関しては御安心下さい。
バラストは防水? バラストはシリコン充填がしてあり、防水仕様となっております。
ただし、コネクタ部の対策のため、バラストは下向きに設置してください。
※当然ながら水中での使用を保証するものではありません。
 ウチの車は
マイナスコントロールだと
言われたが大丈夫?
H4(Hi/Lo)タイプの置換だと思われますが、弊社のキットで通常は問題ございません。
たとえばエッセ(DBA-L)・ライフ(JB1)・ヴィッツ(SCP10)等に取り付け実績ありますが、
特に何の加工も必要無くポン付けで置換完了しております。
マイナスコントロールキットを別に購入する必要もございません。
ウチの車には
どのタイプが適合する?
mail@shimarisudo.com までお聞きいただければ、
対応バルブをお答えできる場合がございます。お気軽にお問い合せください。

車に備え付けの説明書は、交換バルブが記載されている場合がほとんどです。
ダッシュボードを開けて、説明書を御確認いただくのも確実な方法です。

取り付けスペース等の問題もあるので、取り付け可能かどうかは
ご自分で純正バルブを外して確認されるのが一番確実です。
内容物は? 通常のキットは、バーナー・バラスト・バラスト固定金具が左右セットで各2個
加えてパッケージと取り扱い説明書が付きます。
バッテリーリレーは基本的に不要です。

H4タイプは35Wにはリレーレスハーネス、55Wにはバッテリーリレーが付属します。
取り寄せできる? 在庫品以外も取り寄せ可能です。取り寄せ可能リストを御確認ください。
在庫のバリエーションが少ないのはコスト低減のためです。申し訳ありません。
取り寄せには2週間前後かかります。余裕をもって御依頼ください。

輸入車に多い特殊バルブも対応できる場合がございます。お気軽にお尋ね下さい。
故障した場合、
パーツ単品でも注文可能?
パーツ取り寄せに時間がかかる場合もございますが、もちろん可能です。
バーナー/バラストのみの御依頼も賜りますのでご安心ください。
個人商店ならではのフレキシブルなアフターサービスもウリの一つですので。
車検は通る? 陸運局での車検はハイビームの光量・色調がチェックされます。
3000〜6000Kでしたら問題は無いようですが、絶対の保証はできません。
車検の可否は保証外ですのでご了承ください。
ポン付けできる? 車種・取り付け方法によってはある程度の加工が必要です。

基本的に「しまりす堂」扱いのHIDはバッテリーリレーは必要無く、
純正の配線から直接12Vをバラストに供給するだけで点灯します。
ですので純正配線の加工(配線カット・ハンダ付け等)が必要になりますので、
ある程度の配線加工の技術があるといいかと思います。

H4(Hi/Lo)の場合は
通常は配線加工は全く必要ありません。
詳しくはエッセにHID H4 6000kをインストールのブログをご覧下さい。
取り付けるとどんな感じ? HID装着画像 装着手順 3000kの色調 等を御確認ください。

検索等から来られて、左にメニューが見えてない方はこちらをクリック!!